あむにまりんごの日記

madhuri.exblog.jp ブログトップ

アジ欠場 

明日は大凧に行くはずでしたが…。

一昨日の夜中、突然「ひゃいいん、ひゃいん」と鳴いたマリン。
ああ、悪い夢でも見たんだなあ…(笑)と思い放って置いた。
ところが翌日の昼間、ハウスの中からまたもや「ひゃいん」の声。
呼びだして体を触ろうとしたら、ひゃんと鳴いて体を引く。
恐怖のあまり?耳は後ろに倒れて、体が震えている。

こ、これはやばい~!!と、慌てて病院に連れて行った。
しかし、車から出そうと恐る恐る抱き上げると、今度は鳴かない…。
先生に状況を説明して、診察台の上で全身くまなく触診してもらう。
緊張のあまり全身硬直していたものの、特に異常は見つからず。
「少し様子を見ましょう」ということになった。

その後の観察の結果、
・普通に立って歩く、走る、ジャンプする。
・食欲は旺盛、おやつもねだる。
・排泄も異常なし。ご機嫌も悪くない。

…が、ハウスの中や布団の上で休む時に、どういうわけか時々「ひゃいん」と痛がるように鳴く。体を横にしたときに鳴くことが、比較的多いように思える。
本人も気づいたらしく、昼間はカワイイポーズ(香箱)でしのいでいた。
でも夜はそういうわけにも行かない。
飼い主にしてあげられることはないので、心を鬼にしてハウスにしまい、就寝。

でも~寝られない。。。
痛いのかな、鳴いたらかわいそうだな…などと布団の中で悶々としていたら、
「ひゃいいん、ひゃん、ひゃん…」と鳴かれてしまった…。
このままでは私が寝られない~(泣)
仕方なく耳栓をして、さらに上から手で塞いで眠る。
途中、耳が痛くなって何度も目が覚めた。寝たような寝ないような…。
明け方、猫のケンカ声を聞きつけたマリンの「うぉん、うぉん」という声を聞いたときは、本当にほっとした。

再度診察を受けて、観察結果を報告した。
先生は運動器官のどこかの炎症を疑っているようで、とりあえず3日分の痛み止めをもらって様子を見ることにした。
大事を取って当分の間安静。散歩も控える。

というわけで、明日のアジも欠場です。
e0114872_17481538.jpg
ああ…出陳料が…2ドボンしたと思ってあきらめよう。

恐る恐る横たわるのと、鳴いた後の怯え顔が気の毒ですが、基本元気です。
よくは眠れてない様子ですが、一晩中起きてるわけじゃなさそうだし、
もらった薬が効いてくれればいいなと思います。
[PR]
by madhuri_rai | 2008-10-10 17:29 |
line

ペットの話と世間話


by madhuri_rai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite