あむにまりんごの日記

madhuri.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:フェレット( 4 )

りんごちゃん  

e0114872_1658155.jpg
おんぼろに見えますが元気です。
元気ですよー!

ぽよんぽよんのお腹が、チャームポイントです。
[PR]
by madhuri_rai | 2008-07-10 16:58 | フェレット

お久しぶりです 

e0114872_17511945.jpg

りんごです。なんとか生き延びてます。
[PR]
by madhuri_rai | 2008-07-01 17:51 | フェレット

りんご腹・まりん鼻

りんごの傷は、あっという間に塞がりました。
e0114872_16334680.jpg
治り始めると早いです♪
気のせいか、うっすら毛も生えてきたような…
e0114872_1634419.jpg
やはりけだものは毛が命。早くふわふわにな~れ!
e0114872_16352416.jpg
「がむばります」

e0114872_16355797.jpg
ずっと気になっている事。
あんなにくっさい自分の肉球に鼻をくっつけて寝られるなんて、こやつの鼻はどうかしていると思います。

そりゃ確かに、私も嗅ぎますけどね…。
[PR]
by madhuri_rai | 2007-11-21 16:38 | フェレット

また手術

今度はりんごちゃん。びろーん。
e0114872_11531637.jpg
左副腎腫瘍摘出&インスリノーマ(膵島細胞腫)摘出。
フェレットは副腎腫瘍が発生しやすく、しかもなぜか左側が多いそうです。
症状=脱毛、排尿困難、排尿回数の増加(オスの場合)。
りんごには出ませんでしたが、尿道閉塞や攻撃性の増加も見られるようです。

宮城にいる間は、月に一度1時間半かけて通院し、リュープリンを注射してやり過ごしてきました。
でも今の病院は車で20分。先生が手術に積極的でしたし、術後何かあってもすぐ駆け込める距離なので、決断しました。

で、ついでにインスリノーマも除去してもらった…はずなのですが、こっちがくせもの。
症状=低血糖による虚脱、後肢がたたない、泡をふく、昏睡。
前フェレのにまめが没したのも、発症により餌が食べられなくなってしまったためでした。
りんごも今まで何度か発症していて、ステロイドの経口摂取を続けていました。
先生は「インスリノーマが除去できたので、術後はステロイドを飲ませなくてよいです」とのことだったので、そうしていました。

術後、帰ってきたりんごが元気がないなあとは思ったのですが、なにせ手術のあと。
安静が必要と思い、数日様子を見ていたのですが、ふとだんながハンモックを覗くと、りんごの口からよだれがたら~&ぐったりして目が虚ろ。抱き上げると体が冷えている…。
これはやばいと思い、時間外で受診。一泊入院して事なきを得ました。
e0114872_12243385.jpg
帰ってきたら元気元気!すっかりいつものりんごに戻りました。

でも、かなり危なかった~~~(汗汗汗)
[PR]
by madhuri_rai | 2007-11-13 11:53 | フェレット
line

ペットの話と世間話


by madhuri_rai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite