あむにまりんごの日記

madhuri.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

英国旅行記2

さて、いよいよスキッパーキのショーを見ます。
これを見るために、はるばる日本から来たのです。
初日の朝一番にスタートだったので、張り切って早めに会場入りしました!
e0114872_1315994.jpg
リングはかなり広め。座席があったのでホッとしました。
リングは二つ続きで設置されていて、真ん中の境界線にも椅子があります。
真ん中に陣取れば両方見られるので、ちょっとお得?
私はできるだけ近くでじっくり見たかったので、テーブルに近い座席に座りました。
e0114872_13225926.jpg
ボードの裏。終了した審査の結果が順に張り出されていきます。

英国では、スキッパーキはUtility Groupに属しています。出陳頭数は54頭。
(ちなみに最多出陳はダックスフントの581頭と思われます)
クラス分けはVeteran/Special Puppy/Special Junior/Post Graduate/Limit/Open/
Good Citizen Dog Scheme。
まずDogでクラス順に審査→Best Dog選出
次にBitchのクラス順審査→Best Bitch選出
最後にBest DogとBest BitchのどちらかがBest Of Breedに選ばれます。
e0114872_1425174.jpg
いよいよ審査開始。まずは出陳犬全て並びます。
e0114872_1461433.jpg
一頭ずつテーブル。審査員はじっくり時間をかけて、全身くまなく触ってチェック。
ハンドラーからも何やら話を聞いている。
その後トライアングル。リングが広いので、じっくりと歩様が観察できる。
しかもみんな本当に歩いてる!ので、時間がかかる~
e0114872_14142271.jpg
スタックチェックの後、これまた長いアップダウンをして終了。
最後にまた一列に並び、審査員が1席~3席までを選出。
e0114872_14175196.jpg
1席=赤 2席=青 3席=黄 のロゼッタが渡されます。
スチュアードらしき人が選出された3頭を順に読み上げると、会場から拍手が。
入賞犬は、最後に審査員から個別に講評がもらえます!
e0114872_1435974.jpg
Post Graduate Dog審査。白スキッパ登場!しかもたくさん!
e0114872_14363882.jpg
e0114872_14382389.jpg
Post Graduate Dog1席犬。
e0114872_1440374.jpg
Post Graduate Dog2席。
e0114872_14491257.jpg
Limit Dog審査。尻尾がフッサー。
e0114872_14501572.jpg
Limit Dog2席。
e0114872_14512990.jpg
入賞犬じゃないけど、可愛いのでアップ。尻尾もいろいろですね。
e0114872_14562414.jpg
Open Dog1席=Best dog。この犬がBest of Breedに選ばれました。
e0114872_14582742.jpg
Open Dog2席。

Dogが終了するあたりで、隣に座っていた老婦人から声をかけられました。
英語力ないので、10分の1も話が通じてないと思いますが・・・。
日本から来たと言ったら大変驚かれました(そりゃそーだよね)。
老婦人いわく「私はShipperke ClubのPresidentなのよ」だって!
若いころはCruftsで審査員もしたことがあるらしい。すごいー!
調子に乗って、マリンの写真と血統書を見せてみた。
「Lovely!顔はアメリカで、体は英国ね。」
アメリカンは顔がでかいらしい。やっぱりかー。
そして血統書を見て「とても興味深い。(血統書の名前を指して)この犬とこの犬は
私がチャンピオンにした。この犬(4代前)の両親犬の名前を教えてあげる。」
とおっしゃって、血統書に名前を書いてくれた。(血統書が5代祖になった!!)
Hallbowerというこの方の作出犬だったらしい。
もう少し英語が分かれば、もっと詳しく聞けたんだけどな。
でもスキッパ愛好者同士、楽しくお話しさせて頂けました。

話をしている間にBitchの審査が行われ、ろくな写真が撮れず。。。
e0114872_15101782.jpg
最後にBest Puppy in Breed Dog。可愛い!
えんえん3時間、スキッパーキの審査を見続けました。
日本でもこんな風に、スキッパに詳しい人にじっくり審査してもらえるといいのにな。
[PR]
by madhuri_rai | 2012-03-30 13:21 |

英国旅行記1

念願のクラフト展に行ってきました!
さすがは犬の本場英国、4日間も犬の祭典が繰り広げられるのです。すばらしい国だ!!

会場はバーミンガムにあるNECセンター。
ホール5つに36ものリングが設置され、その他にオビディエンス専用リング、
ドッグアクティビティリングなどあり、さらにアリーナがあります。
食事やトイレも全ホールに設置済み。屋台もあるので一日中会場内で楽しめます。
e0114872_1016093.jpg
5つのホールすべてにショップが出店!!いったい何店舗あるんだろう・・・。
この中からスキッパグッズを探しだすのかと思うとクラクラしてきます。
e0114872_10304927.jpg
Dog Benches(=パドック)はこんな感じ。壮観です。
e0114872_10324010.jpg
全ての出陳犬に一区画ずつ割り当てられるようです。
犬種ごとにまとめられ、ゼッケン番号が書かれています。
これならお目当ての出陳犬が一目でわかります!すばらしいシステム!
e0114872_10362882.jpg
仕切りは可動式。小型犬ならケージごと入れられますが、大型犬はそのまま。
リードをつなぐフックはありませんが、自分のエリアでおとなしくしています。
観客も出入り自由。誰でも出陳者に自由に話しかけたり、犬に触ったり写真を撮ったりできます。
(もちろん、許可を得てからですが)日本と違って、会場全体が和やかな雰囲気です。

今回はショー以外の展示をご紹介します。
e0114872_1052372.jpg
Discovor Dogs。このエリアに来れば、ショーに出陳される全犬種(おそらく)を
実際に見ることができます。触れるのも自由です。
e0114872_10564590.jpg
ボーダーコリーも。
e0114872_10575330.jpg
e0114872_1058923.jpg
マリノアも!ラケノアも!!
e0114872_1115172.jpg
柴犬コーナーにあった謎の文字。モネノツチって・・・?
われらがスキッパーキのコーナーは後日ご紹介します。

ドッグアクティビティリング。アジリティ、Heelwork to Music(=ドッグダンス)などなど。
e0114872_11111953.jpg
日本人にはなじみが薄いガンドッグ。可愛かった!おじさんも素敵。
e0114872_11115729.jpg
ブラッドハウンド。お客さんの前を練り歩いて、愛想と涎を振りまいただけでした。
e0114872_11164126.jpg
Showing and Ringcraft。ショーの様子を再現しながら、審査について説明しているようです。
ドッグダンスでもそうでしたが、とにかく頻繁に子供を参加させていました。
e0114872_11272225.jpg
GCDS(Good Citizen Dog Training Scheme)リング。常設!
正直、GCTのことはあまり知らないのですが、英国ではかなり重要視されてるようです。
子供たちとの絡みがかなりありました。
e0114872_11342371.jpg
オビディエンスリング。これも常設。時間かかるもんね・・・。
オーロラビジョン?が設置されてて、作業ごとに内容と得点が表示される、ありがたいシステム。
ここは時間があれば、もっともっとじっくり見たかったです。

このほか、YKC(Young Kennnel Club)リングがありました。
YKCのことはよくわかりません。ハンドリングやトリミング、アジリティなどが行われていた様子。

そしてアリーナではアジリティやドッグダンスのファイナルなど?
その他フライボール、警察犬などなど・・・見逃した展示がたくさん・・・・・・。
本当に、心底、体が二つ欲しかった!!

次回スキッパーキのことを書きたいと思います。疲れた・・・。
[PR]
by madhuri_rai | 2012-03-25 10:16 |
line

ペットの話と世間話


by madhuri_rai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite